どうも、初めまして。 

 ボードゲームの経験・感想を垂れ流すだけのブログにようこそ。微風と申します。あんまり覚えてなくてもいいですw 

 このブログは、三日坊主でボドゲが好きな僕が、ボドゲ会に行った時のやったボドゲを書き留めるブログです。
 僕の僕による僕の為のブログなので人に見せられるようには基本的に作らないです。このブログを見る際そのあたりはご了承ください。


 ではまず概要から。


1.このブログの目的は、僕がボードゲームをプレイした時に、その経験を忘れないようにそのゲームの感想や評価を薄っぺらに書くことです。

2.たまにボードゲームの購入やイベントの写真を記事にする可能性もあります。


 それくらいかな。あと注意点です。


1.本ブログは文章執筆経験0のブログ初心者が書いています。それだけではなく主に自分の経験を忘れないようにする為のブログなので、他の方にとって不愉快になってしまう文章が含まれる可能性があります。もちろん他の方に見てくれることを前提に考慮はしますが書き損じや意識せずしてそのような文章を書いてしまう恐れがあります。心が太平洋くらいある人は見てもよろしいかと思います。

2.このブログを書いている微風という者はボドゲブログを書こうとしているのにボドゲ初心者&ボドゲ下手です。なので間違った事が本ブログに書かれてしまう可能性があります。さらに僕の主観が入るので、間違っているまで行かなくても拡大解釈や誤認などが存在することもあります。心が地球並みに広い方だけ見てください。

3.ボドゲ初心者なので、当然持っているボドゲや知っているボドゲも少ないです。なのでボドゲの説明を1からする記事が多くなると予想されます。つまりグダグダになります。ボドゲのことをある程度知っている方なら、他の方のブログを見ることをオススメします。心が太陽系レベルの人のみ見ることを推奨します。


 このように、
・ボドゲ初心者の文章力無しの語彙不足が書く
・僕のボドゲ会への参加頻度から考えて本ブログは週1程度の更新になると考えられる
・最早ブログというより日記のようになる
これだけでこのブログの拙さがわかると思いますが、もし心が銀河系のように広い方がいらっしゃりましたら、このブログに意見をしてくださると幸いです。コメントは基本どなたでも書けますので、「〜〜のところが間違ってますよ」だとか、「××のゲームは面白いからやってみるといいよ」だとか、心が宇宙以上に広い方のコメント、お待ちしております。


 このブログの拙さを笑いながら見るも良し、「こんなゲームがあったんだ」と関心してくださるのも良し。皆様のお役に立てる事ができれば筆者としてそれ以上の喜びはございません。


 それでは、どうぞこのブログをお楽しみください。





筆者プロフィール


名前:微風(そよかぜ)

出身&生息地:愛知県北名古屋市

ボドゲ歴:2016年6月〜現在絶賛ドハマり中

よく出没するボドゲ会:きなボド!(北名古屋市)・ミスボド名古屋(名古屋市昭和区)・名古屋でカタンも楽しむ会(名古屋市北区)

好きなゲーム:カタン・ドミニオン・ダイスゲーム全般

持ってるゲーム:将棋・麻雀・人狼・マスターマインド・ポケモンバトルチェス・デッドマンズチェスト(2017年2月現在)

ツイッター:@soyokaze2724(フォロー大歓迎です。一声掛けてくださって「ブログ見たよ」などと言ってくれれば大体返信しますw) 


 更新予定日

ふてーき!

(いつか直近の記事に追いつきたい)

こんな記事ですがよろしくお願いします

OTZ

 午後からカタン会に途中参加しました!主催のかわうそさん、参加希望出してなくてすみませんでした。


デモンワーカー


 個性のあるワーカーを使って資源を貰って生産し、資源を使ってワーカーを増やす拡大再生産です。

 プレイヤーは魔王に仕える幹部となって、手柄を立てて次期魔王になることを目指します
 準備段階として、目標カードを2枚ずつ配り、1枚捨てます。この目標カードには資源とVPが書かれており、終了時にその資源を持っていればそのVPを獲得できます。やったね。あ、このゲームの資源は赤の鉱石、青の武器、黄色の生贄、白の食料となっています。そして、もう1つ準備でやることがあります。それはワーカーのドラフトです。ワーカーとなる悪魔のカードを全員に6枚ずつ配り、それぞれ1枚ピックして左隣に回します。それを繰り返して手元には自分が厳選した6枚の悪魔が居る訳です。
 このゲームは全員がパスをするまでワーカーを置き、回収することを5回繰り返します。つまり5ラウンドでゲームが終了します。ラウンドでやることは初期資源を貰うこととワーカーを置くことです。初期資源は手番毎に違う物がもらえます。あ、このゲームの手番はラウンド毎に勝手に変わります。最初の順番決めでラウンドの順番まで全て決まるのでそれを見越したプレイができたらいいなあ…話を戻しまして、初期資源を貰ったら手番毎に1ワーカーずつ好きな場所に設置します。前にワーカーが置いてあってもOKです。しかし、前に置いてあったワーカーの数×2食料を銀行に払わなければいけません。食料、重要!ただし、ワーカーを増やす為の場所にはこの追加コストは必要ありません。因みにワーカーを動かすためには働かせるためのコスト (ワーカーを動かす前に支払い、動かす度に必要)を支払わなければいけませんのでご注意ください。
 これを繰り返し5ラウンド行ったら、得点計算に入ります。ラウンド進行中にゲットしたVPに加え、達成した目標カードのVP、ワーカーによるVP(ワーカーに働かせるためのコストを追加で支払うとそのカードに書かれているVPゲット)、更に召喚数によるボーナス(ドラフトでゲットしたワーカーを5体召喚できていたら5点、6体なら10点)も加算します。最終的に1番VPを稼いだ人の勝利となります。

 なるほどー。人が居る所には置けるけど追加コストの居るワーカープレイスメントか。全く無いわけじゃないだろうけど、アグリコラやナショナルエコノミーばかりやってたから斬新に思えた。ただ、その追加コストがかなり重いので先置きした方が良いのは確か。あとワーカーのドラフトも印象的でした。極端にシナジーするカードは少ないっぽいのでたぶんコンボより純粋なワーカーの動かし方で点が変わるのが特徴かな。

 トップと3点差の最下位でした…。点差が僅差ってことはいい勝負したと自分に言い聞かせてます。

結果 微風 48 大笑さん 51 キョウさん 49


カヴェルナ


 アグリコラに似た、アグリコラではないワーカープレイスメント拡大再生産。またワカプレだよー。

 まず、このゲームはアグリコラを知っていれば7割位ルールは大丈夫です。確証は無いですが行けると思います!なのでアグリコラを知っている前提で話が進みます。ご了承を。1からやると支離滅裂になるので(言い訳)。僕のアグリコラの記事はここに。
 アグリコラでは3×5の農場を埋めていくゲームでしたが、こちらは農場が3×4、それと別に建物を建てる洞窟の場所が3×4、全部で24マスの個人ボードを発展していきます。アグリコラより多い!なのでアグリコラと比べてアクションが強いです。多分。手札などは無く、洞窟に置く部屋は全て早いもん勝ちです。
 アグリコラとの比較点とかを挙げるなら、まず12ラウンドで終了すること、そして資材としてルビーが追加されることでしょうか。ルビーはいつでもいろんな資材に変えることができるだけでなく、盤面を埋めるタイルに変換したり家畜にも変換することができます。他に、自分のコマに武器を持たせて探索させることができます。特定のアクションで鉱石という資源を払った数値の武器をワーカーに持たせることができます。そして別のアクションとして探索アクションがあります。そこに武器を持ったワーカーが置かれると、その武器のグレードと探索アクションの数字によって資源や家畜、部屋の建設権などが得られます。実は(僕がやった4人戦では)戦豚や牛は普通のアクションでは得られず、探索かルビーの交換でしか得ることができません。つらい。因みに強い武器を持っているワーカーほど後に行動しなければいけなくなります。
 あとは畑と牧場の置き方とか、鉱床とか、ボード上のマークとか、家畜や農作物の食料への変換とか、共通の部屋についてとか、色々ありますけど、説明は省略します。説明力皆無なので…ごめんなさい!

 最初は、手札とかが無いのは物足りないんじゃないかなとか思ったんですがそんなことはありませんでしたごめんなさいなめてました。1つ1つのアクションが(たぶん)強くなっているので1手の重要さが跳ね上がっているようです。また探索のアクションの存在により家族少人数武装大量などの戦略の幅が増えていて公開情報が多くても展開が変わりやすいです。

 うーむ、拡大再生産楽しい( ´ ▽ ` )ノ

結果 微風 106 モーリさん 65 大笑さん 69 キョウさん 35

 初ゲーム初勝利!


 終了時の僕のボード。ちなみに2番手でした。3ラウンド目に増築増員ができる展開。序盤に1手で沢山の種材を取れたので野菜を植えて食べてましたが、農作物を高レートで食料変換できる部屋を取られたので、家畜を繁殖させて食べて農作物はある程度食べるだけで点数に変換する路線に変更。家族は4人に留めるのが良かったかも。このおかげで探索要員が早めに置けたので。反省点は家畜をもう少し増やすために3種繁殖を狙いに行った方が点が伸びた気がします。あ、武装は確か1人だけ7くらいしてました。少しだけ手を伸ばすことは正しかったと思います。

 100点取れたし満足した!


 下家のモーリさんのボード。5人の食料を作業場で緩和してビアルームの点数を稼ぐ…ことをやろうとしていたようですが麦がとれずに得点化できなかったようです。しかし盤面をきっちり全て埋めていたところは流石です。


 今回の唯一の経験者大笑さんのボード。経験者ということで「初期食料なし」「増員1番乗り不可」「指定強部屋の建築不可」のハンデ入り。まあ僕はその強いらしい部屋建ててなかったんですけどねあはは。話を戻して、大笑さんは5人にしてから家族全員に武器を持たせていました。武器倉庫15点!強い!…ですがやはりハンデが重かったようで空きスペースを埋めることはできなかったようです。まあそのマイナス点は書斎部屋で打ち消して、2位に。写真に写ってないですが物乞い1枚もらってたような?
 大笑さん曰く「初期食料なしが1番辛い」そうです。


 1番手で僕の上家のキョウさん。僕が欲しかった部屋である調理場を取ってぐぬぬ…ってなった。しかし点数に関わる部屋を取れずに点数は伸びなかったようです。


 とても楽しい1日でした…あれ、2戦ワーカープレイスメント&拡大再生産しかやってないwww
 ともかく、閲覧ありがとうございます!

 今回の記事は、レンさん主催のおやこボードゲームひろば2回目の記事になります!


ラビリンス


 インストを任されてゲームもしました。そこまで回数やってたわけじゃないんですけどね^_^;

 複雑に動く迷路の中でお宝を集めるゲームです。
 このゲームの目的は自分の目的のお宝を全て入手し、スタート位置に戻ってくることです。どうやって集めてどうやって戻って来ればいいのか。説明させていただきます。
 セットアップとしてボードにランダムにタイルが設置されます。ちなみに…

 このタイル…動くぞ…!

 詳しくは後で説明します。更に手番順を決めて、お宝カードを全て配ります。このお宝カードは1番上のカードしか見ていけませんので注意です。
 手番になったらできることは2つあります。これを順に両方行います。
1)余ったタイルを何処かに差し込む
 セットアップでタイルを設置した時、このタイルが1枚余ります。そのタイルを縦横の列の何処かに差し込んで迷路の形を変えることができます。ただし、前の手番で差し込まれた反対側からは差し込むことはできません。同じ所はOKです。押し出されたタイルは次の手番の人がこの行動で差し込むのに使うタイルになります。
2)移動する
 自分が今いるところから行けるところならどこまででも移動してよいです。前から別の人のコマが居ても通り過ぎたり入ることができます。そしてこの時、移動後に自分が探しているお宝のところに立っていた場合は、お宝カードを公開し、そのお宝をゲットしたことになります。そうしたら次の自分の目指すお宝を確認します。お宝をゲットしてもしていなくても移動が終了した時点で手番が次の人に移ります。
 これらの行動を1人ずつ繰り返し、誰よりも早く全ての宝物を集めてスタート地点に戻った人が勝利となります。

 このゲームの何が良いって、迷路が毎回動いて変わるギミック性に尽きると思います。ゲームしてなくても見てるだけで楽しい。子供向けのゲームの割にはダウンタイムの長さがそれなりにあるのですが気にならなくなります。
 欠点は他人との絡みの少なさでしょうか。自然妨害はぶっちゃけなんやかんややれば対処可能な感じで設計されているようなので尚更。しかしそれは子供向けという言葉でくくれない奥深さがあると思ってるのでそこまで気にはなりませんね。少し荒いところもありますが、普通に面白いと思ってます。

 なんとか勝ちました。ボードゲームに遠慮は要らないとか思ってるんで(言い訳)。


宝石の煌めき


 限られた資源を使い宝石の生産地を獲得し、得点を稼ぐゲームです。

 まず、このゲームの勝利条件は少し特殊ですので後で説明します。まあ、勝利点が高い人が勝つのは変わんないんですけどね。
 このゲームは手番毎に進んでいき、その手番ではこの中のどれかの行動を行います。
1)場にある宝石を取る
 場にある5色の宝石を、違う色を3つか同じ色を2つ取ります。しかし、同じ色を2つ取る時はその取る宝石が場に4つ以上ないと取ることができません。しかも、宝石は全部で10個までしか持てませんので注意しましょう。11個以上取ってしまったら、10個になるように宝石を返しましょう。
2)宝石を支払いカードを獲得する
 カードに描かれている左下の数字がコストで、その分の宝石を支払うとカードを獲得することができます。獲得したカードは手元に置いておきます。
 獲得したカードの右上には宝石が描いてあります。カードは所持しているだけで今後のカードの獲得の時にコストをその宝石1つ分軽減することができるのです。たくさんカードを持っていればその軽減効果は累積します。勝利点のないカードの獲得の意義はここにあります。
3)カードのキープ
 ゲームをプレイしていて、あのカードがどうしても欲しい、しかし今は獲得できない…そんな時には場のカードを自分の手札に持ってくることができます。このカードはカード獲得の時にコストの軽減もできなければ得点もありませんが、場のカードを獲得する時に場のカードではなくこのカードを自分の場に出すことができるのです。もちろん他の人は自分の手札のカードを横取りなんかすることはできません。すごい。しかもこの時、何の宝石としても使えるオールマイティの宝石を1つ獲得します。この宝石も所持制限に引っかかるので注意しましょう。
 これらの行動を選択して1人ずつ繰り返し、誰かが15点に到達したら終了フラグが立ちます。この後、最終手番の人まで手番を行います。つまり全員が同じ手数を行い得点を計算します。15点に行っても勝つとは限らない訳です。下位手番の人にその手番中に逆転されたら負けます。気をつけましょう。どうしようもなさそうですがw

 システムがシンプルなのに立派な戦略が必要となるゲーム。初心者でも上級者でも楽しめるというのはこのゲームの非常に大きなステータスだと思います。僕?僕は初心者の方ですよ。ええ。

 今回は勝ったのですが、多分これで初勝利になるくらいのしょぼさ。でも楽しい。


Rapidoodle


 連想ゲームのような感じのゲームです。お絵描きは苦手だけどお絵描きゲームは嫌いじゃ無いね。

 1つの同じ何かの形が描かれたボードを全員に配り、砂時計をスタートさせる。砂時計が落ちきる間に、その形を使った別の物を4つ描きます。砂時計が落ちきったら公開し、他の人と描いた物が被っていない数だけポイントとなります。数回繰り返し、得点の高い人が勝利となります。

 説明が楽で良かった。まあ、プレイの感じも見たまんまです。シンプルで面白いです。ただ他のお絵描きゲームに比べて盛り上がりに欠けるかな?人数少なくなっちゃうし。


 街コロ


 カタンをベースにした拡大再生産っぽいボードゲーム。この世界のリソースはお金しかないのが特徴かな?

 このゲームの勝利条件は4つのランドマークを全て表にすることです。お金はいくらあっても勝利条件には関わりません。いや、超重要ですけどね。
 手番になったらすることは2つあります。
1)ダイスを振る
 ダイスを1つ振って、出た出目の建物の効果を適用します。このダイス数は特定の建物を建てると2つに増やすこともできます。なお、建物カードには上部に数字が書いており、建物は共通してカード上部に書いてある数の出目が出たらカード下部の効果が発動、という効果になっています。また、建物には出目を自分で出すと発動、他人に出してもらうと発動、誰が出しても発動と3種類の発動条件があるので注意です。
2)建物の購入またはランドマークの建設
 サプライにある15種類の建物を左下に書いてあるお金を払いどれか1つだけ購入できます。できます、なのでパスすることも出来ますが、1つだけしか買えません。また、売り切れていた場合も買えません。元から持っている建物を買うのはOKです。その場合にその出目が出たら重複してお金を貰えます。
 なお、このタイミングで建物の購入の代わりに自分の手元にある建設中マークのランドマークを建設することが出来ます。ランドマークの効果は特定のダイス目を出さなくても発動することが出来る効果になっています。ただし、ランドマークは1人1つしか建てられないので注意しましょう。他人のを取って建てるとかは出来ません。
 これらの行動が終わったら次の人の手番に移ります。手番を繰り返していって、先に手元のランドマークを全て建設したら勝利となります。

 リソースの管理が簡単で子供には確かにいいゲームですね。しかし、サプライのカードが15種類しかなく、やはり物足りなさを感じます。ただ、拡張が出ているらしく、それらを導入するとサプライの種類やランドマークが増えるので、それが入ると面白くはなります。
 ただ、やはりバーストの観念がないおかげからか1度差を付けられると巻き返せないのですよね。後はアレだ。ダイス目だ。

 7が出たら沢山お金が入るように作ってから7が自分の手番に1度足りとも出なくて負けた!こんなの絶対おかしいよ!


テレストレーション

 写真忘れ。でもなぜか絵の写真は撮ってる。不思議な事もあるんですね。

 勝負関係なしの、絵で伝言ゲームをするゲームです。
 全員がボードを持って、お題を決めたら、そのお題の絵を制限時間内に描きます。時間が来たら次の人へ回し、最初のお題を見ずに描かれた絵を見てこれが何を表しているのかを書きます。そうしたら更に次の人へ回して、その人は直前の人の書いた物を絵で描いて…を繰り返します。
 ボードが1周したらボードを1人ずつ発表します。お題が実はこれで、ここでこんな絵を描いたから途中からこれだと誤解していた…とわちゃわちゃして爆笑するゲームです。


 例えはこれ、お題はや「ステーキ」なのですが、「ハンバーグ」と誤解されて伝わり、しかも更に何か変な方向へ変わっていきました。この事故感を気付かず人の手で引き起こすという一風変わったゲームですが、楽しい。途轍もなく楽しい。絵が下手な人が居る方が楽しくなると言われるほどです。

 結果とか無いよ!


 これにておやこボードゲームひろば、終了!次回は「カタンから始まらないカタン会」をお送りする予定です!お楽しみにしてくれると嬉しいです!

↑このページのトップヘ