どうも、初めまして。 

 ボードゲームの経験・感想を垂れ流すだけのブログにようこそ。微風と申します。あんまり覚えてなくてもいいですw 

 このブログは、三日坊主でボドゲが好きな僕が、ボドゲ会に行った時のやったボドゲを書き留めるブログです。
 僕の僕による僕の為のブログなので人に見せられるようには基本的に作らないです。このブログを見る際そのあたりはご了承ください。


 ではまず概要から。


1.このブログの目的は、僕がボードゲームをプレイした時に、その経験を忘れないようにそのゲームの感想や評価を薄っぺらに書くことです。

2.たまにボードゲームの購入やイベントの写真を記事にする可能性もあります。


 それくらいかな。あと注意点です。


1.本ブログは文章執筆経験0のブログ初心者が書いています。それだけではなく主に自分の経験を忘れないようにする為のブログなので、他の方にとって不愉快になってしまう文章が含まれる可能性があります。もちろん他の方に見てくれることを前提に考慮はしますが書き損じや意識せずしてそのような文章を書いてしまう恐れがあります。心が太平洋くらいある人は見てもよろしいかと思います。

2.このブログを書いている微風という者はボドゲブログを書こうとしているのにボドゲ初心者&ボドゲ下手です。なので間違った事が本ブログに書かれてしまう可能性があります。さらに僕の主観が入るので、間違っているまで行かなくても拡大解釈や誤認などが存在することもあります。心が地球並みに広い方だけ見てください。

3.ボドゲ初心者なので、当然持っているボドゲや知っているボドゲも少ないです。なのでボドゲの説明を1からする記事が多くなると予想されます。つまりグダグダになります。ボドゲのことをある程度知っている方なら、他の方のブログを見ることをオススメします。心が太陽系レベルの人のみ見ることを推奨します。


 このように、
・ボドゲ初心者の文章力無しの語彙不足が書く
・僕のボドゲ会への参加頻度から考えて本ブログは週1程度の更新になると考えられる
・最早ブログというより日記のようになる
これだけでこのブログの拙さがわかると思いますが、もし心が銀河系のように広い方がいらっしゃりましたら、このブログに意見をしてくださると幸いです。コメントは基本どなたでも書けますので、「〜〜のところが間違ってますよ」だとか、「××のゲームは面白いからやってみるといいよ」だとか、心が宇宙以上に広い方のコメント、お待ちしております。


 このブログの拙さを笑いながら見るも良し、「こんなゲームがあったんだ」と関心してくださるのも良し。皆様のお役に立てる事ができれば筆者としてそれ以上の喜びはございません。


 それでは、どうぞこのブログをお楽しみください。





筆者プロフィール


名前:微風(そよかぜ)

出身&生息地:愛知県北名古屋市

ボドゲ歴:2016年6月〜現在絶賛ドハマり中

よく出没するボドゲ会:きなボド!(北名古屋市)・ミスボド名古屋(名古屋市昭和区)・名古屋でカタンも楽しむ会(名古屋市北区)

好きなゲーム:カタン・ドミニオン・ダイスゲーム全般

持ってるゲーム:将棋・麻雀・人狼・マスターマインド・ポケモンバトルチェス・デッドマンズチェスト(2017年2月現在)

ツイッター:@soyokaze2724(フォロー大歓迎です。一声掛けてくださって「ブログ見たよ」などと言ってくれれば大体返信しますw) 


 更新予定日

ふてーき!

(いつか直近の記事に追いつきたい)

こんな記事ですがよろしくお願いします

OTZ

 きなボドにお邪魔させていただきました!なんだかこの日は鼻の調子が悪くて迷惑をお掛けしましたorz


ベガス


 サイコロの出目に翻弄されながらカジノでお金を稼ぐゲームです。

 このゲームの勝利条件はプレイヤーの中で1番お金を稼ぐことです。このゲームでお金を稼ぐ方法はただ1つ、中央にある6つのカジノでダイスをベッドすることだけです。
 まず、6つのカジノボードを並べ、お金の山札をそれぞれのカジノにつけてめくります。この時、金額が5万以上になるまでめくります。これが終わったら、手番を処理していきます。
 それぞれの手番でできることはただ1つ、手元のダイスを振り同じ目のダイスを全て中央に出すだけです。説明しますと、まずダイスを全部振ります。因みに初期ダイスは8個です。出た出目で分け、出ている出目の1つを選び、その出目が出ているダイス全てを対応した中央のカジノに乗せます。全部同じ出目が出たら全部乗せなければいけません。3が3つ出たけど2つだけ乗せたい、というのはダメです。また、6の出目を4のカジノに乗せる、ということもできません。
 この手番を繰り返し、全員の手元のダイスが全て無くなったらダイスの数を数えます。各カジノごとにダイスの数が1番多い人が1番高い金額のお金を貰え、次に多い人はあるならその次の金額のお金を…と、ダイスの数が多い順にお金が貰えます。しかし、ダイスの数が同じになってしまった場合、そのダイスは無効化されます。その場合は次にダイスが多い人がお金を得られます。また、そのお金を得る人が誰も居ない場合は流れて誰の物にもなりません。例えば2枚お金が並べられているけど、1位以外みんなバッティングしている場合は、高い方のお金を1位の人が、低い方のお金は1位の人の物にもならず流れる、ということです。
 準備からお金の配分を1ラウンドとし、4ラウンドやったら得点計算になります。お金の金額を合計し、それが1番高い人の勝利です。

 バッティングゲームとしてかなり盛り上がります。はげたかよりも複雑ですが、戦略の取り方が分かりやすいのと事故った時の盛り上がりがとてもいいです。ダイス運によりけりなので、逆に事故らずミラクルも起こる可能性がある訳で…楽しい。

 3枚しか取れずに負けましたw


ドミニオン


 やると聞いて這い寄りました。基本しかなかったのは地味に残念です。

 言わずと知れたデッキ構築ゲームの古株…だと思ってます。個人的に。ゲーム開始時は銅貨7枚屋敷3枚の自分のデッキを育て、最終的に勝利点の1番多い人が勝利となるゲームです。
 準備として初期のデッキをシャッフルし全員5枚引きます。そしてサプライのカードを10種決めます。このサプライのカードによりゲームの展開が毎回変わるのが特徴です。
 手番になったら3つのフェイズを順に処理していきます。手札のアクションを1枚までプレイするActionフェイズ、手札の財宝を好きなだけプレイしサプライのカードを1枚だけ購入し捨て札にするBuyフェイズ、プレイしたカードや手札をすべて捨て札にして新しい手札を引くClean upフェイズをすべて行います。手番にやることはこれだけです。
 手番を時計回りに繰り返していき、1番高い勝利点カードである属州が無くなる、またはサプライのカードが3種無くなったらゲーム終了です。その時点でデッキの勝利点を数え、高い順に順位がつきます。

 やっぱり面白い。カードによっていろんな戦略が取れるし、派手なカード使ってるとゲームやってる気分になる(なお勝てない模様)のでとてもいいです。僕は持ってないですが。買うなら2ndEditionが良いかなあ…でも拡張に手が伸ばせないしなあ…。と、いろいろほざいております。

 結果は確か3人でやって同率1位。僕以外村から入ってたので共倒れ避けた方が良いかなと鍛冶屋ー銀で入りましたがその後村が変われなかったのでコンボに走った方が良かったかも。まあ楽しかったので良いです。


アグリコラリバイズドエディション


 あーたのしいな、アグリコラ。勝てませんが。

 もう展開を忘れているレベルである。レンガ窯を取られまいと取ったら攻撃されました辛い。石窯もあったし最初に決めたルートを貫徹しなくても良いように動きたい。盤面すら撮ってない。確か八百屋と穀物スコップ出した事くらいは覚えてる。あと柵を事故らされた。30点は行ったぞ!わーい!

結果 微風 32 フロイトさん 35 大笑さん 31 おずさん 29


DOT


 パズルゲームの中でも多分それなりに頭使う方のゲーム。だと思ってます。

 1人につき4枚のシートが渡されそのシートを裏返したり回転したりして重ねてお題と同じ位置にドットが来るようにします。先にお題の形を作れた人がお題カードゲット!…という感じのゲームです。

 いい頭の体操である。何より箱が小さい!素敵である。こういうゲームだから仕方がないけど視認性が若干悪いのが欠点か。あと見た目が地味。まあそこを抜きにしなくても結構いいと思います。


Castle Crush!


 見た目で楽しめみたいなゲームだと思っていましたが、その通りでした。

 最初に、全員で城のパーツを組み合わせて自分の盤の上に城を作ります。この時窓や扉が他の建物に接してはいけない、将軍は盤に、国王は建物の上に必ず乗っていないといけないなどの制約がありますがだいたいは自由です。全員が作ったらまず建築点が入ります。基本的に国王と将軍以外の建物に決められている点が入りますが、他の建物の上に乗っている場合、その建物が段目により建物の基礎点が2倍3倍されます。これにより建築点で沢山稼ぐことは可能です。
 それが終わったら相手の城を壊しに行きます。何フェイズか忘れた。とにかく、現在の点数が低い人から順に画像には出てませんが棍棒のようなものを中央の丸い盤に立てて相手の城に向かって倒します。その時壊して盤の外に出した建物と人の基礎点が入ります。うーん、豪快。これを全員2回繰り返します。
 破壊も終わったらクリンナップに入ります。まず、盤から出ていない人の点数を加点します。そして次のラウンドの城を組むのですが、その前に点数が低い人からパーツをストックから3つ入れ替えることが出来ます。こうして高得点の建物が世に現れるのです。
 これらを3ラウンド繰り返したらゲーム終了、その時点で点数の1番高い人の勝利となります。

 うーん、このゲームは建物で点を稼ぎたいけど壊されたら困るなあ、っていうジレンマを生み出そうとしてるのだろうけど、建築点の分量が多いのでそんなん気にせず高く積み上げて損しない感じがする。ジレンマになってない。見た目は面白いゲームなので見てたいw 城が壊されていく様はシュールですよ。

 マジックマさんにコテンパンにされた。子供相手に酷いぞ()!

結果 微風 78 マジックマさん 126 コマジックマくん 76


アグリコラリバイズドエディション


 倍プッシュだ!

 アグリ楽しいですねーw 2回もやったよ!最後片付け任せて申し訳ありませんでした。
 1回目は無理に鋤手助手を使おうとして物乞って爆死。無理に序盤から使っていこうとしなくていいと学んだ日である。あとレンガ大工の消費先を用意し過ぎてレンガ足りなくて困ってた。10じゃ足りない(謎発言)。そこも反省点かな。因みにドラフト初手鋤手助手と粘土層の窪地。
 2回目はまずカードがおかしかった。ドラフト初手の職業が大工柴結び季節労働者鋤手助手家畜追い女性顧問ってなんなんだ…。小進歩に粘土層の窪地(またかよ)があったので季節労働者と粘土層の窪地でスタート。しかし鋤手助手帰って来なくて焦る。石の家コンボで盤面を埋めて番外点もそれなりに確保して50点1位タイ!単独トップにはなれなかったけど50点出せて満足した!下は2回目の農場です。


1回目結果 微風 30 まるだるまさん 41 大笑さん 42
2回目結果 微風 50 大笑さん 44 まるだるまさん 50


 これにて終了!2度もの延期は申し訳ありませんでした…orz
 そんなことはいい!この記事を見てくださってありがとうございます!

 午後からカタン会に途中参加しました!主催のかわうそさん、参加希望出してなくてすみませんでした。


デモンワーカー


 個性のあるワーカーを使って資源を貰って生産し、資源を使ってワーカーを増やす拡大再生産です。

 プレイヤーは魔王に仕える幹部となって、手柄を立てて次期魔王になることを目指します
 準備段階として、目標カードを2枚ずつ配り、1枚捨てます。この目標カードには資源とVPが書かれており、終了時にその資源を持っていればそのVPを獲得できます。やったね。あ、このゲームの資源は赤の鉱石、青の武器、黄色の生贄、白の食料となっています。そして、もう1つ準備でやることがあります。それはワーカーのドラフトです。ワーカーとなる悪魔のカードを全員に6枚ずつ配り、それぞれ1枚ピックして左隣に回します。それを繰り返して手元には自分が厳選した6枚の悪魔が居る訳です。
 このゲームは全員がパスをするまでワーカーを置き、回収することを5回繰り返します。つまり5ラウンドでゲームが終了します。ラウンドでやることは初期資源を貰うこととワーカーを置くことです。初期資源は手番毎に違う物がもらえます。あ、このゲームの手番はラウンド毎に勝手に変わります。最初の順番決めでラウンドの順番まで全て決まるのでそれを見越したプレイができたらいいなあ…話を戻しまして、初期資源を貰ったら手番毎に1ワーカーずつ好きな場所に設置します。前にワーカーが置いてあってもOKです。しかし、前に置いてあったワーカーの数×2食料を銀行に払わなければいけません。食料、重要!ただし、ワーカーを増やす為の場所にはこの追加コストは必要ありません。因みにワーカーを動かすためには働かせるためのコスト (ワーカーを動かす前に支払い、動かす度に必要)を支払わなければいけませんのでご注意ください。
 これを繰り返し5ラウンド行ったら、得点計算に入ります。ラウンド進行中にゲットしたVPに加え、達成した目標カードのVP、ワーカーによるVP(ワーカーに働かせるためのコストを追加で支払うとそのカードに書かれているVPゲット)、更に召喚数によるボーナス(ドラフトでゲットしたワーカーを5体召喚できていたら5点、6体なら10点)も加算します。最終的に1番VPを稼いだ人の勝利となります。

 なるほどー。人が居る所には置けるけど追加コストの居るワーカープレイスメントか。全く無いわけじゃないだろうけど、アグリコラやナショナルエコノミーばかりやってたから斬新に思えた。ただ、その追加コストがかなり重いので先置きした方が良いのは確か。あとワーカーのドラフトも印象的でした。極端にシナジーするカードは少ないっぽいのでたぶんコンボより純粋なワーカーの動かし方で点が変わるのが特徴かな。

 トップと3点差の最下位でした…。点差が僅差ってことはいい勝負したと自分に言い聞かせてます。

結果 微風 48 大笑さん 51 キョウさん 49


カヴェルナ


 アグリコラに似た、アグリコラではないワーカープレイスメント拡大再生産。またワカプレだよー。

 まず、このゲームはアグリコラを知っていれば7割位ルールは大丈夫です。確証は無いですが行けると思います!なのでアグリコラを知っている前提で話が進みます。ご了承を。1からやると支離滅裂になるので(言い訳)。僕のアグリコラの記事はここに。
 アグリコラでは3×5の農場を埋めていくゲームでしたが、こちらは農場が3×4、それと別に建物を建てる洞窟の場所が3×4、全部で24マスの個人ボードを発展していきます。アグリコラより多い!なのでアグリコラと比べてアクションが強いです。多分。手札などは無く、洞窟に置く部屋は全て早いもん勝ちです。
 アグリコラとの比較点とかを挙げるなら、まず12ラウンドで終了すること、そして資材としてルビーが追加されることでしょうか。ルビーはいつでもいろんな資材に変えることができるだけでなく、盤面を埋めるタイルに変換したり家畜にも変換することができます。他に、自分のコマに武器を持たせて探索させることができます。特定のアクションで鉱石という資源を払った数値の武器をワーカーに持たせることができます。そして別のアクションとして探索アクションがあります。そこに武器を持ったワーカーが置かれると、その武器のグレードと探索アクションの数字によって資源や家畜、部屋の建設権などが得られます。実は(僕がやった4人戦では)戦豚や牛は普通のアクションでは得られず、探索かルビーの交換でしか得ることができません。つらい。因みに強い武器を持っているワーカーほど後に行動しなければいけなくなります。
 あとは畑と牧場の置き方とか、鉱床とか、ボード上のマークとか、家畜や農作物の食料への変換とか、共通の部屋についてとか、色々ありますけど、説明は省略します。説明力皆無なので…ごめんなさい!

 最初は、手札とかが無いのは物足りないんじゃないかなとか思ったんですがそんなことはありませんでしたごめんなさいなめてました。1つ1つのアクションが(たぶん)強くなっているので1手の重要さが跳ね上がっているようです。また探索のアクションの存在により家族少人数武装大量などの戦略の幅が増えていて公開情報が多くても展開が変わりやすいです。

 うーむ、拡大再生産楽しい( ´ ▽ ` )ノ

結果 微風 106 モーリさん 65 大笑さん 69 キョウさん 35

 初ゲーム初勝利!


 終了時の僕のボード。ちなみに2番手でした。3ラウンド目に増築増員ができる展開。序盤に1手で沢山の種材を取れたので野菜を植えて食べてましたが、農作物を高レートで食料変換できる部屋を取られたので、家畜を繁殖させて食べて農作物はある程度食べるだけで点数に変換する路線に変更。家族は4人に留めるのが良かったかも。このおかげで探索要員が早めに置けたので。反省点は家畜をもう少し増やすために3種繁殖を狙いに行った方が点が伸びた気がします。あ、武装は確か1人だけ7くらいしてました。少しだけ手を伸ばすことは正しかったと思います。

 100点取れたし満足した!


 下家のモーリさんのボード。5人の食料を作業場で緩和してビアルームの点数を稼ぐ…ことをやろうとしていたようですが麦がとれずに得点化できなかったようです。しかし盤面をきっちり全て埋めていたところは流石です。


 今回の唯一の経験者大笑さんのボード。経験者ということで「初期食料なし」「増員1番乗り不可」「指定強部屋の建築不可」のハンデ入り。まあ僕はその強いらしい部屋建ててなかったんですけどねあはは。話を戻して、大笑さんは5人にしてから家族全員に武器を持たせていました。武器倉庫15点!強い!…ですがやはりハンデが重かったようで空きスペースを埋めることはできなかったようです。まあそのマイナス点は書斎部屋で打ち消して、2位に。写真に写ってないですが物乞い1枚もらってたような?
 大笑さん曰く「初期食料なしが1番辛い」そうです。


 1番手で僕の上家のキョウさん。僕が欲しかった部屋である調理場を取ってぐぬぬ…ってなった。しかし点数に関わる部屋を取れずに点数は伸びなかったようです。


 とても楽しい1日でした…あれ、2戦ワーカープレイスメント&拡大再生産しかやってないwww
 ともかく、閲覧ありがとうございます!

↑このページのトップヘ